スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

moraはハイレゾレーベルになりえるか?

MORA.jpg
IMAGE_FILE_URL.jpg
ototoy.jpg


どうも、あきひさです。
ソニーのハイレゾ製品ラッシュに伴ってあのmoraで10月17日からハイレゾ音源が配信されることになりました!
公式ホームページによるとe-onkyoOTOTOYとも連携をとるように取れる戦略で好感が持てます。
僕もOTOTOYではeufoniusやAQUAPLUSのハイレゾ音源はもちろんその他のハイレゾ音源購入でお世話になっており今回の姿勢はすごく、好印象です。

そうはいってもまだまだ僕の周りのオーディオ好きはハイレゾ音源について否定的な意見が多く、とりわけ取り上げられるのが「ハイレゾ音源の配信が少なすぎる」ということです。

しかし、e-onyoやOTOTOYでは最近ではメジャーどころのハイレゾ音源の配信を積極的に最近は行っておりつい最近ではTHE IDOLM@STERのハイレゾ配信を行ったりと話題性にあふれる音源も最近では配信し始めています。

では、moraがハイレゾ音源の配信サービスをスタートすることによってどういう影響をいい意味でもたらすかを考えていきましょう。
logo_top.gif

#1 moraとはなにか


moraといえばついこの前までは私自身もSME(ソニーミュージックエンターテイメント)単独の配信サービスかなと思ってましたがもともとはSMEを含め日本のレコード会社数社が出資したレーベルゲートという会社が運営しているのがmoraというサービスです。
検索するとわかるのですが、SMEは当然としてEMIやポニーキャニオン、コロムビア、キングレコード、ランティスとこれ以外にも色々ありますが様々なレコード会社がmoraに楽曲提供を行っています。
ちなみに、レーベルゲートですがSMEの出資割合が非常に高く本社自体も乃木坂のSONYのスタジオにあるみたいです。

SME - コピーPony_Canyon_Logo_1_a.gifkig_rec.jpgavex.jpgclmba.jpgfrying_dog.jpglantis.jpg

#2 moraでの配信のメリット

1)ハイレゾ配信しやすいシステム

さて、moraで配信することのメリットですが一番のメリットは#1で挙げた通りOTOTOYやe-onkyoとは比べ物にならないレベルで様々なレコード会社から提供を受けており、レコード会社としてもハイレゾ音源配信の企画作りを行いやすいシステムを作ったことにあります。これによってハイレゾで音源を配信したいアーティストが増えて音源が増えやすくなります。

僕自身少しだけDTMもかじっていまして、DAW(音楽編集ソフト)からCDフォーマットに書き出すと音質がすごく悪くなっていて落胆することがあり、少しでもどうにかしたいと思ってるアーティストはいるかもしれません。

2)世間一般に普及しやすい

次のメリットですがSMEの親会社が世界的にトップクラスのAV機器メーカーであるSONYであることですね。ハイレゾ音源の配信に必要なのは僕の周りのオーディオ好きが言う通り「ハイレゾ音源の配信の数」なのですがソニーという大企業が推すことによって世間に普及しやすくなり潜在的にハイレゾという意識が一般人に根付きます。
家電量販店でもハイレゾの文字を見ることになるのでなおさらですね。

ちなみに余談ですがハイレゾ製品の発表からイヤホンやヘッドホン、スピーカーにも興味がない方々から「ハイレゾとは何ぞや?」という質問をいただいており世間一般では既に確実に浸透し始めているように感じます。
moraで配信が始まることによってさらに一般人に広まるのかな?とも思います。


3)アニソン豊富

あ、そうそうここで一番大事なことを忘れていたのですが昨今のオリコンチャートを少しでも知っている方ならわかると思いますがオリコンを最近、占拠している割合が高いのはアニソンというジャンルであり、アニソンが好きな方々はオーディオ趣味に走る方も少なくないです。かくいう私もアニソン結構聴きます。

あと、moraはアニソンの配信をとても積極的に行っておりitunesより多いです。

アニソンをよく聴くよ!という方は朗報でハイレゾ音源が出る可能性があり、より高音質の音源が出るとなれば購入するしかありませんね!

#3 moraが抱える課題

1)曲の見つけにくさ

さて課題をいくつか挙げましょう。これかなり言われてるんですけど一番は検索のしにくさだと思います。
itunesと比べると検索のしにくさが見受けられます。せっかくのハイレゾ音源が始まっても見にくければハイレゾ音源見つけられないですよね。アーティスト情報もっと細かく書いてほしいものです。

2)何が配信されているかわからない

これもそうなんですけど僕は結構、情報をこまめにチェックしてるほうなんですけど「いつの間にこのアーティスト配信してたの!?」みたいなことが結構あるんですよね。そして、ツイッターとかで感想を書いていると「知らなかった!DLしてくる!」みたいなリプライが飛んでくるので何が配信されているかをしっかりと発信していく情報発信源が必要だと思います。せっかくのDL販売なのに情報を伝えていかなければもったいないですね。


#4最後に

現場のほうではハイレゾで録音するほうもなんですがやはり、まだまだ配信システムを構築するのはなかなか困難であるという意見が多いですが頑張っているみたいです。アニソンのハイレゾについて書きましたがやはり、業界の方もビジネスチャンスととらえているようで十分に可能性はあるようです。近い将来という感じで構えていましょう。

とうわけでmoraがハイレゾ音源をすることによってハイレゾ配信が多くなるといいですね!SMEさん個人的にはClariSのハイレゾ配信をお願いします!

意見などございましたらコメントに書いていってください!
スポンサーサイト

テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akicy0765

Author:akicy0765
マイナーなヘッドホンとイヤホン大好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。